遠距離恋愛から同棲へのきっかけとタイミング

MENU

遠距離恋愛から同棲へのきっかけとタイミング

スポンサーリンク

女性の立場からすると遠距離恋愛というものは非常にまどろっこしくて不安なものであります。
いっそ彼について行きたかったけれど、自分も仕事をしていたり、まだ両親の承諾を受けていないとなると躊躇してしまうものですね。
しかし遠く離れて過ごすことで二人の関係が冷めてしまうという不安もありますので、出来れば一刻も早く二人で生活することが望ましいものです。
遠距離恋愛から同棲へと踏み切る為のきっかけやタイミングを逃さない為のポイントを押さえておきましょう。

 

 

女性の仕事の内容が変わった時

最近の会社では、女性でも異動や転勤というものが珍しくありません。
男性が単身赴任となり、仕方なく遠距離恋愛をしていたものの、更に女性異動や転勤となることにより、女性側の仕事に対する意欲が一段落することで、彼との同棲を決断するというケースがあります。
女性がフリーになることでスムーズな展開になることでしょう。

 

 

女性側の家族の事情

女性の年齢がアラサー以上だと、遠距離恋愛が長く続くことで家族が心配し始めます。
中途半端な状態を続けるよりも周囲で好条件のお見合いの話などを持ちかけることにより、女性の決心がつくというものです。
ロミオとジュリエットのような引き裂かれた恋愛をイメージすることで、より彼との絆が強まるという流れですね。

 

 

再異動を命じられた

元々は2年で元の場所に戻れる筈だったのに、2年後に全く違う地方への再異動を命じられた場合、このままでは一生一緒にいられないと覚悟を決めるケースが多くあります。
女性も待つことでストレスがたまっているので、さすがに2年以上も経てば重い腰を上げたくなるものです。

 

 

男性が仕事で成果を上げた

遠距離恋愛で男性が地方勤務になり、その場所で大きな功績を上げて昇格するようなことになれば、自信につながります。
たとえ女性が仕事を持っていても「養える」という手応えがあれば、男性は女性に「ついてきて欲しい」と言うことでしょう。

 

 

男性の愛情が冷めてきたと感じた時

最近彼の態度がおかしい、もしかして現地で女性と浮気しているのではないか・・と女性が感じた場合、覚悟を決める必要があります。
男性は心と身体を切り離して考えられるものですので、遠距離恋愛の彼女と現地の彼女とは別、と思っていたりします。
しっかりと彼のことを捕まえて置きたいのなら、女性は今の生活はさておき、まず彼の手綱をしっかりと握り直すことを考えなくてはなりません。

 

 

おわりに

遠距離恋愛で女性が男性についていけないのは、ちょっとした勇気が足りないだけということが多くあります。
背中を押してくれるような事が起きたならば、今こそチャンスだと思って後悔しないように行動しましょう。
とにかく同棲してしまい、地方での生活の様子を見てから結婚へと踏み切れば間違いありません。
女性は結婚すればまず引っ越しは余儀なくされるもの、という考えでいれば、あとは日本国内のどこに住むかの違いであるという考えを持つと楽になりますよ。

スポンサーリンク

関連記事一覧