遠距離恋愛のすれ違いはこうして起こる

MENU

遠距離恋愛のすれ違いはこうして起こる

スポンサーリンク

遠距離恋愛は近くにいない分、相手との気持ちがすれ違いやすくなるものです。
気持ちのすれ違いから自然消滅に至るということも、起こりやすいです。
遠距離恋愛のすれ違いは、どのようにして起こるのでしょうか。

 

 

会いたい時に会えない

近くにいる恋人同士であれば会いたいと思う時に、時間を作って会うことができます。
会って話すことで、お互いの気持ちを確認することができ、すれ違いを防ぐことに繋がります。

 

しかし遠距離恋愛の場合には、会いたいと思った時に会えないという状況にあります。
相手に対して不安を感じていたり、不満を持っていても、会って話をすることができずに、電話やメールに
なります。

 

そういったところで、徐々に気持ちがすれ違っていきます。

 

 

相手の様子がわからない

近くにいて頻繁に会える状況であれば、相手が何をしているのかなど様子がつかみやすいです。
しかし遠くにいる場合には、相手がメールや電話で言っていることを信用するしかなく、状況がつかみにくいものです。

 

そういった状況で不安や不満が募っていきます。

 

 

いないことが自然になる

最初は離れてしまって寂しいと強く感じていても、人間は慣れてしまうもので、いないという状況に慣れていきます。
結果として相手を思い出す時間が減っていき、いなくても大丈夫ということになります。

 

こうなってしまうと、相手が恋人として本当に必要かどうかもわからなくなってしまいます。

 

 

先が見えない

遠距離恋愛が期間限定のものであるならば、その期間を乗り越えようという気持ちを持つことができます。
しかしいつまで続くかわからない状況では、いつになれば近くで過ごせるのかと不安が募り、気持ちが離れてしまう
ことがあります。

 

遠くにいるなかなか会えない恋人よりも、いつでも会える距離にいる異性に心が惹かれ、気持ちが移ってしまうという
ことも少なくありません。

 

 

おわりに

このように遠距離恋愛は相手が近くにいる恋愛よりも、気持ちがすれ違う要素が多いです。
こういった状況を防ぐためには、毎日少しでも相手を思い出す時間を作るように電話をする、メールをするなどの
ルールを決めておくことが大事です。

 

また遠距離恋愛はいつまでなどの目標を作って、それまで二人で力を合わせて乗り切っていこうという気持ちになる
ことが大事です。

 

遠距離恋愛はすれ違いが多いことを認識しておき、それを防ぐためにどうしたら良いかを二人で考えておくと
良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧