遠距離恋愛の倦怠期(マンネリ)の乗り越え方

MENU

遠距離恋愛の倦怠期(マンネリ)の乗り越え方

スポンサーリンク

お付き合いをしていくうちに倦怠期に陥ることが誰しも経験したことがあるかと思います。
これは遠距離恋愛をしているカップルにも起こることです。
遠距離恋愛で倦怠期を迎えた場合には、どのようにして乗り越えたら良いのでしょうか?

 

 

会う機会を作る

メールや電話で連絡をとっていたとしても、直接会って話ができる状況に比べて、どうしても距離を感じてしまうものです。
倦怠期はコミュニケーションの不足によって生じることも多く、倦怠期だと感じた場合にはより連絡を増やしてみます。

 

そして相手に直接会いに行ってみましょう。
二人で会う機会を作って、楽しい時間を過ごせばまた気持ちが戻ってくる可能性もあります。
このままではいけないなと思った時には、会うことが一番です。

 

 

先の目標を決める

倦怠期に陥ってしまうのは、先が見えずに同じような状態で付き合い続けていることから起こりやすいものです。
倦怠期だなと思った場合には、相手との関係性においての目標を決めましょう。

 

同棲や結婚などの目標があれば、そこまでは遠距離で頑張ろうなどという気持ちになれるものです。

 

 

初心を取り戻す

付き合い始めた頃はお互いに新鮮な気持ちで、楽しくお付き合いをしていたはずです。
その頃に書いていた日記やその頃に撮った写真などを見てみましょう。

 

初めの気持ちがよみがえってくると思います。相手と思い出話をして、その時の気持ちを
二人で共有しましょう。

 

 

プレゼントを贈ってみる

誕生日など記念日でない日にサプライズがプレゼントを送ってみます。
相手の欲しい物をさりげなく聞きだして贈ると、その気持ちを嬉しく思ってもらえるはずです。

 

なかなか会う機会がない分、こういったサプライズで相手のことを大事に思っているという気持ちを
伝えましょう。

 

 

一人の時間を大事にする

倦怠期はどのカップルにも起こるもので、自然なこととも言えます。
恋愛のことは一旦置いておき、自分の時間を大事にするようにしましょう。

 

ふと相手のことを思い出していたり、相手がやっぱり大事だという気持ちが戻ってきたりするものです。

 

 

おわりに

遠距離恋愛のカップルにとっても倦怠期は試練と言えますが、それを乗り越えることによりお互いのきずながより
深まり前よりも愛情が深まることがあります。

 

近くにいるカップルとは違い、なかなか会えないことで不安が募る場合もありますが、上の項目を参考にして二人で乗り越えていくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧