遠距離恋愛の彼と復縁する方法「復縁したい人へ」

MENU

遠距離恋愛の彼と復縁する方法「復縁したい人へ」

スポンサーリンク

「遠距離恋愛は長続きしない」
世間一般ではよく言われていますが、続かないのには大体の遠距離恋愛カップルに共通した、乗り越えがたいハードルがあるからです。

 

一番代表的なのが、「なかなか会えないので、気持ちがすれちがうようになった」というのが一番多い理由だと思いますが、実は1年未満で遠距離恋愛になって破局してしまうカップルの数は、50パーセント近くを占めているそうです。

 

こんなに破局してしまう例が多いのは、遠距離恋愛と普通の恋愛を混同して考えてしまっているせいかもしれません。

 

では、どうすれは遠距離恋愛破局からの復縁という難問を解決することができるのでしょうか?

 

遠距離恋愛は失敗する原因とは?

  • 好きな相手と会いたい時に会えないのが辛くなった
  •  

  • 相手が近くにいないので、気持ちがすれ違うようになった
  •  

  • 会うために遠征費用などがかかるので、しんどくなった
  •  

  • 遠距離を続けていくのが面倒くさくなった

 

など、主な原因は心のすれ違いと費用の面が大きな負担となってふたりの前にのしかかってくるので、なかなか上手くいかないのが実情のようです。

 

では、遠距離破局からの復縁を果たすには、どのような事をすれば良いのでしょうか?

 

 

遠距離恋愛の破局を乗り越え復縁するには?

 

  • 相手との本当の別れの原因を理解することから始める

破局には必ず原因があります。遠距離恋愛の場合、相手の気持ちが離れてしまった、めんどくさくなったなどの理由がありますが、別れる際に相手が本音をあなたに伝えているかどうかはわかりません。

 

しかも、自然消滅してしまった相手ならなおさら破局原因まではわかりませんよね?
まずは相手がどのような原因で遠距離恋愛を諦めてしまったのかを知ることが、復縁への第一歩です。
離れている相手の動向をうかがうのは大変なことですが、彼と共通の友達に別れた原因などをグチっていないかなどを確認するなどして、明確な原因を知ることが大切です。

 

  • 相手にしつこく連絡を取ろうとしない

復縁したいと願う人に多いパターンですが、このまま離れたくないと思うあまり、別れてからも常に連絡を取ってしまいがちですが、これはよくありません。

 

復縁には冷却期間を取ることが必要なので、別れたばかりの時は連絡を絶つようにしましょう。冷却期間は円満に別れた場合には短めに、ケンカ別れでは長めに取るようにしましょう。

 

冷却期間ののち、連絡を取るようにはなるかとは思いますが、連絡も月に1~2度ほどがベスト。
連絡を途切れさせないようにしないと、復縁へのきっかけを取り逃がしてしまうかもしれませんので、さりげなく連絡を取るようにしましょう。

 

  • 離れている期間には、自分を徹底的に磨く

別れる前のあなたのままでは、彼には何の刺激もありません。

 

彼の気持ちをつなぎとめるためでもありますが、一番の理由は自分の気持ちを前向きにさせるため、自信を付けるためにも自分を徹底的に磨くことをオススメします。

 

  • ふたりの未来を相手と共有して、恋愛感情を盛り上げる

別れた理由が不安にあるのなら、その不安を解消するためにも「同棲」や「結婚」を目標として、気持ちをひとつにしましょう。

 

 

おわりに

別れる原因はさまざまですので、復縁へのきっかけや理由なども人それぞれです。
復縁するためには気持ちを強く持つことや、相手との距離感を冷静に感じ取り、気持ちを盛り上げられる復縁を目指しましょう♪

スポンサーリンク

関連記事一覧