別れを切り出される前兆と自然消滅?

MENU

遠距離恋愛の別れの前兆「別れを切り出される?自然消滅?」

スポンサーリンク

普段、毎日会っているようなカップルに比べて、遠距離恋愛中のカップルは、お互いの気持ちの変化に気づかない事が多いです。
毎日会っていれば、相手の態度が冷たくなったとか、会話している時に目を見ないようになった、という様に少しの変化でも気づく事ができます。
そして遠距離恋愛中は、自分が冷めていっているのも気づかない場合が多いのです。
自分で気づかなかったけれど実は、これが別れの前兆だったという例をあげていきましょう。

 

 

メールが面倒

基本的に、頻繁に会えないので毎日の連絡手段として、メールを使う場合がほとんどです。
電話する時間が無くても、メールならよほど忙しくない限りできるものです。
しかし、彼からきたメールに対して、返信するのが面倒だなと感じてきたら、危ないのです。
唯一、簡単にお互いの近況や気持ちを伝える事ができるメールです。
返信するのが面倒というのは、彼の存在が少し邪魔になっている事を現します。
これは、反対の立場でも同じです。
明らかに彼からのメールの返信が少なかったり、文章が適当、あるいはやたらと短い場合は、別れの前兆である可能性が高いのです。

 

 

会うのが面倒

これは、ほぼ決定的でもあるのですが、一般のカップルとは違い、会える日や時間は限られています。
それなのに、久々に会えるのに会うのが少しでも面倒だと感じている場合は、かなり深刻な状態だといえます。
一般のカップルの様に、ちょっと体調が悪いからまた明日にしよう!というような事ができないのが遠距離恋愛です。
お互いに少し無理をしながらでも会いたいと思うのが当然なのです。
反対の立場でも同じで、彼が会う日を何度か繰り返してキャンセルする様であれば、別れが直ぐそこまで迫っている可能性があります。

 

 

会っていない時間の方が充実している

彼と会っている時よりも、彼がいない時間の方が充実しているなと感じている場合は、既に彼の存在が必要では無くなっています。
日にちを決めているから無理に会っている状態です。
反対に、前もって会う約束をしているのに、キャンセルの理由が「忙しいから。」ばかりになってくると、彼は自分の時間が充実している可能性があります。
自分にとって、今の彼と遠距離恋愛で続けていくべきかどうかを、しっかりと考えなければなりません。

 

 

おわりに

遠距離恋愛中のカップルは、相手の気持ちや状態がリアルタイムで入ってこない場合がほとんどです。
つまり、会う時には気持ちが清算された状態で会う事が多く、間に揺れ動いていた気持ちなどに気づかずに別れてしまう事が多いのです。
表情を逐一見る事ができないので、相手の小さな違いを感じとる事が大切です。
最近、メールが少ないなと感じていたのに、忙しいから仕方ないかと思っていたら、実は構って欲しいというメッセージだった、という事もあるのです。
悲しい結末にならない様に、相手の小さなメッセージに気づける様にしたいものです。

スポンサーリンク

関連記事一覧