未練を残さない遠距離恋愛の上手い別れ方、別れ話

MENU

未練を残さない遠距離恋愛の上手い別れ方、別れ話

スポンサーリンク

彼と遠距離恋愛を続けていたのだけれど、会えない期間が長過ぎて愛情が冷めてきてしまった場合、一度別れてしまって自分の気持ちを整理するというのもひとつの方法です。
しかし自分だけで決められるものではなく、相手が貴女のことをまだ好きであるという温度差を感じてしまうと、中々すぐに別れる訳にはいきませんね。
遠距離恋愛で、後を引かずに上手に別れる方法とはどのようなものでしょうか。

 

 

転職をする

転職をすることにより環境が変わり、新しい仕事への責任感が強くなると、冷めかけた愛情よりも職場の方が自分の居場所と感じる人も多くいます。
思い切って転職すれば、彼から連絡が来ても「忙しいので」と言って手早く済ませたり、こちらから連絡を取らない理由にできますね。
別れを切り出す時にも「仕事が忙しくて、遠距離恋愛をしてる時間がなくなった」と反論の余地なく言うことができます。

 

 

新しい恋人を作ってしまう

道徳的にはいけないのですが、新しい彼氏を作ってしまい、それとなく彼の耳に入るようにします。
「遠距離恋愛の寂しさから気になる男性ができてしまった」と告げることにより、彼の方から別れて欲しいと言ってくるのを待ちます。

 

 

連絡をする期間をあけるようにする

メールや電話で連絡を取り合っているカップルは、間隔をあけることにより段々とフェイドアウトしていけるものです。
少しずつ疎遠になるのがコツですが、相手からのメールに返信を全くしないと相手を怒らせてしまい、別れ話しがこじれる場合もありますので気をつけましょう。

 

 

事実をハッキリ伝える

彼を中途半端に扱ってしまうと、ストーカーされたり良くない噂を振りまかれたりということもあります。
自分はもう彼と恋愛関係を続けていけないことと、「さようなら」の一言は必ず伝えましょう。
自分では「別れたつもり」というのが一番相手の感情を逆なでする結果になるので注意してくださいね。

 

 

引っ越しをする

彼に別れを告げたあと、引っ越しをしましょう。
しばらく彼も連絡が途絶えてしまうので、友人知人に色々貴女の行方について尋ねてくるでしょう。
しかし彼との仲が決着がつくまで友人関係にも住所をすぐ教えない様に頼んでおくことも大切です。

 

おわりに

遠距離恋愛では、中々すっきりと別れることは難しいののです。
しかしきちんと言葉にして伝えないと、あとから「まだはっきりと別れを告げられていない」と言われることもあります。
「友達に戻る」等の曖昧な言葉は相手の感情を余計不安にするだけですので避けましょう。
「一度二人の関係を白紙に戻したい」と明確に告げた方がよいのです。

スポンサーリンク

関連記事一覧