遠距離恋愛の電話やメール等の連絡の頻度

MENU

遠距離恋愛の電話やメール等の連絡の頻度

スポンサーリンク

大好きな彼氏と、卒業を機に離れ離れ。
付き合い始めた彼氏が転勤の多い仕事で、どうしても離れざるを得ない。
離れ離れになるなんて考えていなかったのに、学校や仕事の関係でまさかの遠距離恋愛になるカップルは少なくありません。
メールとか電話って、どのくらいの頻度で行うんだろう。
多過ぎると迷惑がられないかな。。
でも少ないと不安。。
とお考えの方、深刻になりすぎないでください!

 

 

離れ離れだから心配?

今までより遠くにいるから、何をしているのか気になってしょうがない。
メールの返信が遅いから、彼の身に何か起きているんじゃないかと不安。
もしかして、彼の部屋にほかの女の人がいるんじゃないかと思ってしまう。
おそらく、そんな考えをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
でも、心配しすぎても仕方ありません。
彼氏から見ても、あなたは離れたところにいるのです。
お互いに信じあうことが、恋愛を長続きさせるコツです。

 

 

物理的距離が離れているだけ

遠距離になった途端に、一生離れ離れにならなければならないわけではありません。
メールも電話もあるんだから、便利な時代です。
今までどおりの頻度で、連絡しましょう!
それまで、その頻度でちょうどよかったなら、大丈夫です。
極端に連絡が増えると、「俺のこと疑ってる?」と思われてしまいますし、逆に減ってしまうと、「心の距離も離れたのかな」と思われてしまうでしょう。
遠距離恋愛だからと力みすぎずに、気楽に構えて余裕を見せれば、大人の女アピールができます。

 

 

二人がちょうどいい頻度が一番

付き合う中でのルールは、関係を長続きさせるために重要です。
もちろんルールに縛られすぎるのはよくありませんが、約束を守ることで信頼が生まれます。
たとえば初めに「1日に1回は電話する」と決めたら、それを続ければいいし、続けるのが厳しいのであれば、話し合って「2~3日に1回」に変えたり「最低でもメールはする」に変えるのもよいでしょう。
束縛し過ぎも放任し過ぎも、恋愛をぎくしゃくさせる原因です。
お互いが納得できるルールを作りましょう。

 

 

おわりに

カップルは十組十色です。
世間一般に言われている「こうするとうまくいく」という定義が、必ずしも当てはまるわけではありません。
お互いに無理のないような関係を作ることが、結果的に長続きすることにつながります。
大切なことは、信頼しあうことです。
遠距離恋愛で、寛容な心を持てるようになって、次に会うときに成長した自分を見てもらいましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧