遠距離恋愛は交通費や宿泊代、電話代でお金がかかる?遠距離恋愛の経済事情

MENU

遠距離恋愛は交通費や宿泊代、電話代でお金がかかる?遠距離恋愛の経済事情

スポンサーリンク

すぐに会えるような距離にいるカップルとは違い、遠距離恋愛をしているカップルにとって、交際費が多くかかるような状況にあります。
具体的にどのようなことにお金がかかるのか、どうしたら費用を抑えられるのかということを紹介していきます。

 

 

交通費がかかる

近場で付き合っているカップルであれば、電車代やバス代などはそれほど高くはありません。
場合によっては徒歩や自転車で行ける距離に住んでいて、交通費は全くかからないというカップルもいることでしょう。

 

しかし遠距離恋愛の場合は移動距離が長いので、その分交通費がかかります。
新幹線や飛行機での移動はかなりの金額になってきます。

 

これを少しでも安くする為には、飛行機の場合は格安航空券を使うことがお勧めです。
電車の場合でもチケットをディスカウントで売っているところがあるので、そういったものを利用
して少し抑えることができます。

 

夜行バスが運行されているのであれば、それを利用するとかなり安くなりますし、日中に移動に使う
時間も寝ている間に移動できるので減らせます。

 

 

宿泊費がかかる

相手が一人暮らしであれば問題ありませんが、相手が実家に住んでいる場合もあります。
相手の実家には泊まりに行きにくいので、ホテルを利用するというカップルが多いでしょう。
カップルが安く泊まれるのはラブホテルです。

 

日帰りで帰れる距離にない遠距離恋愛の場合には、この宿泊費が大きな出費になるのです。

 

 

たまにしか会えないとお金をかけてしまう

近くにいる恋人同士であれば、デートをした時には、相手の家に行ってだらだら過ごすなどは
普通のことです。

 

しかし遠距離カップルの場合には頻繁に会えないので、会った時にはついつい今日は特別だから
とお金をかけてしまう傾向にあります。
お金がかかるところで食事をしたり、男性であれば彼女に洋服をプレゼントしてあげたりするのです。

 

一回、一回のデートに気合が入ってしまうために、デート代が高くなります。

 

 

おわりに

遠距離カップルの場合は、こういったお金がかかります。
毎回男性が交通費や宿泊代などを出していたら、会える回数も減りますし、負担も大きくなってしまうので、
交通費は割り勘にするなどをしっかりと決めておく必要があります。

 

またなるべくこれらの支出を少なくすることで、一回のデート代を節約して会える回数を多くすることが
大事です。
なかなか会えない分、気持ちはしっかりとつながっていたいものですね。

スポンサーリンク

関連記事一覧