もうすぐ30でケンカばかりの遠距離恋愛中の彼がプロポーズをしてくれた

MENU

もうすぐ30でケンカばかりの遠距離恋愛中の彼がプロポーズをしてくれた

スポンサーリンク

彼とは同じ職場で働いていました。
彼の方が先に就職していたので、私より先輩でした。
私の一目惚れで、何度もアタックして付き合う事になったのです。
もちろん、職場の方ほとんどが知っており、皆応援してくれていました。
そろそろ同棲したいなぁと思っていた矢先、彼の異動が決まり、遠距離恋愛になりました。

 

実は、初めの頃はお互いに新鮮だったのです。
職場も帰りもずっと顔を合わせていたので、たまにしか会えないのが妙に新鮮で楽しかったのです。
しかし、気づけば遠距離恋愛が始まって3年が経ちました。
もうすぐ30歳になる!と思うと焦りだしてしまい、急に結婚したくなりました。

 

友達の中では子供がいるという子もいるので、更に焦ってしまい、そのまま思いを彼にぶつけてしまいました。
初めて大喧嘩をしてしまい、連絡が途切れ途切れになっていました。
周りが知っているだけに相談できなかったので、初めて電話占いを利用しました。

 

電話をかけた時は少しパニックになっていました。
喧嘩をしたショックと、このまま別れてしまったらどうしよう!って思っていました。
電話に出て下さった占い師さんは、優しくなだめてくれました。
心の中に隠してた思いが溢れでてしまい、声を出して泣いてしまいました。
電話占いなのに、なかなか占いにまで進まなくて占い師さんに申し訳ない事をしたなと思います。
けれど、親身になって聞いて下さったので、焦りや不安感がなくなりました。

 

沢山話をしたので疲れてしまい、一日目は占い無しで電話を切りましたが、スッキリしてよく眠れました。
翌日、彼に対してどうすれば良いかを霊感占いでみてもらいました。

 

すると、近々彼は私の近くに帰って来ると言うのです。
遠距離なのに?と思いましたが、聞いていると彼は私の事を私以上に、真剣に考えているらしいのです。
現在の連絡が途切れ途切れになっているのは、中途半端な気持ちで私に話をしたくない心の現れなんだという結果でした。

 

占い師さんのアドバイスは、あと一ヶ月じっと待って、でした。
辛いかもしれないけど彼を信じて!と強く言って下さいました。
そして、メールもほとんど送らないようにして一ヶ月待ちました。
彼から電話がきました。

 

「明日、会いに行く」この一言だけでした。
家で待っている間は、ドキドキして大変でした。

 

彼がきて「結婚して下さい」と指輪をプレゼントされました。
涙が止まりませんでした。

 

彼はずっと言いたかったけど、結婚するなら私が今の職場を離れる事になるし、さみしい思いをさせるかもしれないから、自分だけで守れる覚悟が固まってから言うつもりだったそうです。

 

本当に嬉しかったです。
占い師さんにアドバイスをもらわなければ、勘違いしたままだったかもしれないなと思います。
電話占いに助けられました。

スポンサーリンク

関連記事一覧