割り勘が妥当?遠距離恋愛中の交通費について

MENU

割り勘が妥当?遠距離恋愛中の交通費について

スポンサーリンク

遠距離恋愛はデートの際にとてもお金がかかりますね。
どちらか一方が訪ねて行くだけならまだしも、自宅や独身寮などで二人で宿泊することができなければ、ホテルを探さなくてはなりません。
現在では女性が彼に会いに行き、交通費は全て女性負担になっている、というケースが多いようです。
この遠距離恋愛での交通費は割り勘にした方が良いのでしょうか。

 

交通費の種類について

交通費といってもローカル線やタクシー代などは金額を覚えておくことが困難になります。
デートや帰省の際にかかった新幹線代や飛行機代は、最初から割り勘で精算するという決まりにしておけばあとで悩まずに済みます。
最初から幾らかかるか分かっているものですから、お互い連絡を取り合ってメインの交通費で幾らかかるのかを把握して置きましょう。
結婚したら財布は一つになるのだと思って、割り勘という感覚ではなく、二人の共通の費用と思えばすっきりします。

 

 

マイレージが利用できる場合

飛行機を使うような遠距離恋愛の場合、マイレージカードを作っておくと、よりお得になります。
航空券代も早割を使えばかなりお得になったり、誕生日だと安くなるサービスもありますので、よく確認することで半額程度まで押さえることができます。
折半になってもお互い納得のできる金額になるように努力は必要ですね。

 

 

一回置きに行き来する

毎回女性から会いに行くのでは、交通費を折半にしても、時間的なロスが大きくなります。
片方だけが無理に何度も愛に行かず、お互いが順番に行ったり来たりするようにすれば、交通費もある程度平等になりますし、一方だけに時間的負担をかけることもなくなります。

 

 

交通費とその他に分ける

二人の間で、交通費は自分で負担し、その他のホテル代や食事代は相手が支払う、という形にすると、だいたい同じくらいになるでしょう。
飛行機代の往復を見積もり、それと同じくらいのホテルを探せばよいのです。
食事代については、気持ちとしては彼に多めに支払って貰った方が嬉しいですね。

 

 

おわりに

若いうちはお金がなくても無理をして会いにいってしまい、それが不満となってしまうこともあります。
交通費が厳しくて、彼に相談できないようなら会う回数を減らすこともやむを得ないでしょう。
お金の問題は、お付き合いが深くなるほどきちんとしなければなりません。
遠距離恋愛を金銭管理を養う機会だと思って、彼ときちんと話し合う勇気を持ちましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧